超精密研磨機IRP 50の特徴

超精密・ナノ加工センターでは、Zeeko社の超精密研磨機IRP 50を用いて超精密レンズ金型の仕上げ加工を行っております。

IRP 50は、凸面・凹面・自由曲面をはじめ様々な複雑形状に研磨することができ、かつ表面精度を最大Ra0.2~0.3nmで仕上げることが可能な研磨機です。丸物であればΦ50まで、角物であれば□50までのワークサイズに対応しています。

 

IRPによる超精密研磨の3つのポイント

IRPを使った超精密研磨のポイントは、
①研磨スピードが速く量産も可能
②形状が崩れることなく面粗度を上げられる
③専用CAMソフトにより複雑形状でも研磨可能
という3つがあります。
>>詳しくはこちら

関連した加工実績

加工実績を見る

超精密・ナノ加工センター イチオシ設備

保有設備一覧に戻る

ナノ加工研究所