レンズ金型・ディスプレイ金型・各種精密部品の分野で、長年培った技術と実績で、
切削・研削加工・各種熱処理・表面処理まで、試作から量産まで対応致します。

お気軽にご相談ください!お問合せはこちら

超精密・ナノ加工センターがお客様に選ばれる4つの理由

超精密・ナノ加工センターが提供する【商品・サービス】

材質から探す

加工方法から探す

業界から探す

超精密・ナノ加工 新着技術コラムColumn

単結晶ダイヤモンド工具のデメリットとは?

超精密加工には、単結晶ダイヤモンド工具が多く使用されています。これは、高硬度かつ刃先形状が高精度であること、さらに熱伝導率が高いことが理由としてあげられます。しかし、単結晶ダイヤモンド工具には大きなデメリットも存在します…

SCM製 工作機械向け部品(外面溝部セラミック溶射)

被削性指数とは? 一覧からデメリットまで紹介!

難削材という言葉がありますが、一体どのような指標で加工しにくい材料と判断されるのでしょうか。その1つとして、「被削性指数」があげられます。 ここでは、被削性指数の説明と、難削材加工のポイントについて紹介していきます。 被…

フレネルレンズ成型用金型

フレネルレンズとは?原理から用途、製造方法まで!

近年需要が高まっている「フレネルレンズ」ですが、歴史や原理、および利用場所については非常に古くからあったものの、近年発達してきた最新のフレネルレンズの形状や用途、製造方法については、まだあまり知られていません。 ここでは…

STAVAX製の超精密金型を加工する上で重要なポイント

STAVAXは優れた耐食性、耐摩耗性をもつステンレス鋼であり、光学分野や医療分野など幅広い業界においてニーズが高まっております。しかしその優れた機械特性ゆえに、STAVAXの機械加工は非常に困難とされています。またSTA…

2020/5/8
技術コラムに「被削性指数とは? 一覧からデメリットまで紹介!」が追加されました!