新着技術コラム

SCM製 工作機械向け部品(外面溝部セラミック溶射)

被削性指数とは? 一覧からデメリットまで紹介!

難削材という言葉がありますが、一体どのような指標で加工しにくい材料と判断されるのでしょうか。その1つとして、「被削性指数」があげられます。 ここでは、被削性指数の説明と、難削材加工のポイントについて紹介していきます。 被…

フレネルレンズ成型用金型

フレネルレンズとは?原理から用途、製造方法まで!

近年需要が高まっている「フレネルレンズ」ですが、歴史や原理、および利用場所については非常に古くからあったものの、近年発達してきた最新のフレネルレンズの形状や用途、製造方法については、まだあまり知られていません。 ここでは…

STAVAX製の超精密金型を加工する上で重要なポイント

STAVAXは優れた耐食性、耐摩耗性をもつステンレス鋼であり、光学分野や医療分野など幅広い業界においてニーズが高まっております。しかしその優れた機械特性ゆえに、STAVAXの機械加工は非常に困難とされています。またSTA…

マイクロレンズアレイとは?原理から用途、製造方法まで!

近年需要が高まっている「マイクロレンズアレイ」ですが、マイクロレンズアレイの用途や製造方法については、まだあまり知られていません。 ここでは、マイクロレンズアレイ金型を製造する超精密・ナノ加工センター.comが、マイクロ…

ガラスモールド用非球面金型

無電解ニッケルメッキと超精密加工の関係について

超精密加工によって加工される光学レンズ金型などの高精度部品は、無電解ニッケルメッキ(NiP)を施されている場合が多くあります。 今回は、無電解ニッケルメッキに関する説明と、超精密加工との関係性について説明していきます。 …

超精密非球面加工機 ULG-100D(SH3)

工作機械の母性原理とは?超精密加工の限界について

工作機械にとって何よりも重要となる加工精度ですが、そもそも工作機械用の機械部品を製造しているのも、これまた工作機械です。では、工作機械の加工精度は、工作機械の部品精度と関係するのでしょうか?   この疑問は、「…

超精密非球面加工機 ULG-100D(SH3)

非球面加工機「ULG-100D(SH3)」での加工事例を紹介!

超精密・ナノ加工センター.comでは、東芝機械製の超精密非球面加工機 ULG-100D(SH3)を用いて、自由曲面加工や光学レンズ用金型をナノ精度で旋削加工しております。ここでは、実際に当社が感じている超精密非球面加工機…

超精密立形加工機 UVM-450(H)

超精密立形加工機「UVM-450D(H)」での加工事例を紹介!

超精密・ナノ加工センター.comでは、東芝機械社製の超精密立形加工機UVM-450D(H)を用いて、光学レンズ用金型や超精密部品加工を行っています。ここでは、実際に当社が感じている超精密加工機の特徴と、実際に装置を使った…

難削材加工品

難削材の高精度加工におけるノウハウ

STAVAXやSiC、チタン合金、超硬合金などの難削材を切削加工する技術は、あらゆる加工の中でも極めて困難な部類に当たります。そのような難削材を高精度に加工する技術は、さらにレベルが高くなり、また材料費や加工時間コストも…

プラスチックモールド用非球面金型

非球面レンズ金型の超精密加工が困難な理由

非球面加工は、そのR径の複雑さから加工自体が困難とされています。しかし近年需要が高まっている非球面レンズを量産するには、高精度で加工された非球面レンズ金型が必要になります。この非球面レンズ金型の超精密加工は、加工レベルの…